狂想通信 きょうそうつうしん


 
トップ > 読書日記

オンライン状況

オンラインユーザー11人
ログインユーザー0人

IMAGINE

書籍

 
 

カウンタ

COUNTER34296
読書や映画の感想をどうぞ。
 

読書日記

読書日記 >> 記事詳細

2012/07/26

「のだめカンタービレ」二ノ宮知子・作

Tweet ThisSend to Facebook | by:akiko
なぜ今、このタイミングなのか、全く説明がつかないのだが、全25巻を読んだ。
最初はTVの単発ドラマで、次は映画。ここまで面白いのだから、原作漫画もさぞ面白いに違いないと感じてはいた。原作漫画を読みたい衝動は、港区図書館蔵書検索でヒットして、一気に昂まる。
しかし、図書館での予約を入れる際に、本のリクエストは10冊までという制限から、この本はシリーズ2冊ずつ借りることになった。件の図書館には、既に他に小説をかなりの冊数予約を入れていたからだ。
2冊予約、2冊貸出、そしてまた2冊予約。なかなか規則正しい順調な滑り出しで、映画化によるブームも去った今頃、読みたいと予約を入れているのはきっと私くらいだろう、と考えていたのだ。
ところが、他に借り始めた人がいるらしくて、13巻14巻まできて、貸出中が出てきた。これは順番予約しなくては継続して読めない!と感じた。しかし、この図書館は、漫画は巻数の順に貸出す順番予約は想定していないというのだ!
貸出担当の青年に権限もなく、図書館の方針であるのだろう。青年の説明は「漫画は巻数が多く、順番予約にすると、色々な人が借りていて、永久に全巻読めないことになりますので、入手出来るものから読んで下さい。」「本の場合は上下巻ものなど順番予約をしてますが、漫画では対応しません。」とのこと。
それでは、あの「徳川家康」や「チボー家の人々」でも順番予約はしないのだろうかという疑問は湧いたが…ここは、図書館の方針は方針として受け入れよう。
だが、ここで黙してはいけない。「…分かりました。でも、要望は上に伝えて下さい。図書館が漫画を貸出すのならば、それは書籍として扱っているではないですか。それならば、順番に貸出す対応も今後考慮に入れて下さい。」果たして、この声は、遠吠えと解されたかは分からない。
図書館が対応しないので、自ら順番予約を試みなから、21巻まできた。運命の21巻は、ボールペンで落書きだらけ!の本だった。こんなに虐げられた本は読めない、読みたくない!
その日、会社帰りに、iPhoneは活用された。ブックオフは味方だ。オンラインショップで価格チェック。帰り道の電車の駅から歩いていける、店舗を探した。店舗に到着し、漫画の棚に行くと、買い物籠に25巻入れてレジへ進む。これは、大人買いだよ!

ということで、読み切った25巻。過剰な情報として、音楽が映像作り手の都合では流れてこない音楽漫画は、それ故に価値があり、逆に私の頭の中ではずっと音楽が流れ続けることになった。不足または足りないことが、想像力を養うということだろうか。
また、全体を通して、天才はあるのではなく天才として育てられるのだ!というメッセージを強く感じた。
今更だか、「さあ楽しい音楽の時間デス!」音楽をもっと聞きたくなる作品だ。
トラックバックURLhttp://kyousou.jazzyworld.net/htdocs/index.php?action=journal_action_main_trackback&post_id=17
21:20 | 投票する | 投票数(1) | コメント(1) | トラックバック(0) | 本・雑誌
コメント
shinji2012/07/28 00:35:58
私は娘が友達から借りてきたので全巻読んだ。
結局うちの家族全員が読んだ。